コロナ禍で気付くもの

やはり、梅雨ですね。

今日はほぼ一日中、雨が降っていました。

午前中は一週間分の買い出しへ。

午後は子供たちの習い事の付き添いで、出たり入ったりしていました。

ようやく、子供たちの習い事が再開され、自粛前と変わらない週末がやってきました。

手洗いやうがい、マスクでの感染予防をすることが当たり前の日常に…。

ショッピングモールでは休憩スペースやベンチなどが使用できなくなっていたり、少し不便で窮屈にはなっていましたが、少しずつ緩和されてきていました。

息子の習い事の先生はフェイスシールドをされていて、先生の誠意を感じました。

蒸し暑くて、マスクをするだけでも、大変だと思いますが、フェイスシールドまで付けてくださっていたのには驚きました。

グループレッスンの途中では、マスクをしていて暑いだろうと、お茶休憩の時間をとってくださり、換気したり、消毒したり…。

息子がもう7〜8年お世話になっているのですが、これまで続けてこられたのは、本当に先生のおかげだと思っています。

久々に、レッスンしていただき、息子のやる気スイッチも入ったようで、少し安心しました。

コロナ禍だからこそ、気付く、気付けることがあるのだなぁと改めて感じました。

ミニトマトが少しずつ食べられるようになりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中