別れを覚悟し、大切な人を思う

今日は帰宅後、航空券の手配にバタバタしました。

昨夜、母から親戚の訃報を知り、帰省する時の航空券の手配を頼まれていました。

両親共に長崎県出身。

父母は結婚してから、関西に引越ししてきたので、兄と私は生まれも育ちも関西です。

両親共に末っ子で(因みに父は私が結婚した年に亡くなりました)、兄弟も多く、冠婚葬祭で子供の頃からよく帰省していました。

コロナ禍のこの数年で、両親の兄弟や親戚が亡くなったという報告を度々、母から聞いていました。

4月には伯母(母の一つ上の姉)が亡くなり、母が帰省したばかりでした。

今回は父方の実家の長男(従兄弟)。

因みに伯父は既に他界しているので。

半月ほど前、脳梗塞で倒れて入院していることは知っていました。

何かあったら、母と兄で帰省するということも。

残念ながら、その時がきてしまい、父の代わりに兄が行くことになりました。

母が帰省する時はいつも私がネットで航空券を手配していました。

兄は仕事で忙しく、あまりネットなどにも疎いので、私がすることに。

行きは2人一緒ですが、帰りはバラバラ。

予約も3回に分けてしました(苦笑)。

翌日出発で予約できるか焦りましたが、何とか無事に取れました。

あと父母の兄弟で残っているのは母方の伯母1人(母の3つ上の姉)だけです。

母自身、高齢なので仕方ないですが…さみしいですね。

父が他界しているので、余計に普段から別れの覚悟をしています。

毎週来てくれる母との別れも…会う度に「これで最後かも?」と思ったり。

その方が後悔しないのだろうと。

聞きたいこと、言いたいことを残さないようにしています。

兄には「母との長崎旅行を楽しんで!」と伝えました。

もう、無いかもしれないから…。

母からは伯母さん(母の3つ上の姉)の時は、「あなたを長崎に連れて行くから。私がまだ元気なら…」と言われました。

伯母は母とは大分歳が離れていて、私にとっては祖母のような感じ。

随分、可愛がってもらいました。

その伯母の着物を何枚ももらって、母にマイサイズに仕立て直してもらっています。

大切な人、大切なもの…。

今日は別れを覚悟し、大切な人を思った夜になりました。

田んぼを見ると両親の田舎を思い出します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。