映画で胸キュン。

今日は娘と映画へ。

息子にピアノの練習に集中してもらうためでもあり。

これまでの連休もお出かけできておらず、娘と楽しい時間を過ごすことに。

前回、娘と映画を観に行った時の番宣で気になっていた「耳をすませば」を観ました。

漠然とキュンキュンする恋愛映画かなぁと思っていました。

私にとっては、想像以上に感動し、泣けました!

エンドロールで気付いたのですが、原作が柊あおい。

私は子供の頃からあまり漫画には興味がなく、小中学生の頃に一時的に好きだった漫画がいくつかありました。

その一つがこの映画の原作者で、びっくりしました。

因みにその漫画は集英社りぼんで連載していた「星の瞳のシルエット」(タイトルも忘れていて、調べたくらい)。

「耳をすませば」の時代設定が同世代で、ファッションや流行り物が同じで懐かしかったです。

何度となく出てくる「翼をください」の歌も懐かしい…。

夢に向かって進むも、挫折したり、失恋して落ち込んだり…自分も経験したことばかりで、かなり感情移入してしまいました。

小学4年生の娘はどう感じたのか、何を思ったのか、詳しくは聞きませんでしたが、一緒に観られてよかったなぁと思います。

これからの夢や希望に繋がって欲しい…。

自分もいい刺激をもらえました。

今朝のランニング風景

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。