春を感じて…

今日は仕事はお休みをいただき、京都へ。

「〜Bonjour!ボンジュール〜

吉田美保子個展」行ってきました。

以前、着物のオンライン講座で染織家である吉田さんの講義を受講して以来、大ファンになりました。

とてもカラフルでハッピーな色づかい、印象派のようなふんわりとした空気感のある作風がとても魅力的です。

実際に素敵な作品を見せていただき、吉田さんにお会いできて嬉しかったです。

着付けの師匠である、吉澤暁子先生のサロンでの個展ということで、いろいろご相談しながら楽しい時間を過ごさせていただきました。

また、私自身の今後の着物道、着物ライフをより充実させるべく、帯の制作のご相談もさせていただきました。

自分を見つめ直し、新たなチャレンジをするきっかけになりました。

素敵な出会い!ありがとうございました。

「〜Bonjour!ボンジュール〜吉田美保子個展」

久しぶりの青空!

朝は雨が降っていましたが、帰りは晴れて青空!

雲がありましたが、久しぶりの青い空にテンションが上がりました。

やはり、太陽のパワーはすごいですね。

今週はお盆明け、しかも大雨続きでなかなか気分が晴れませんでしたが、少しチャージできたように思います。

最寄り駅で息子が帰りを待っていてくれました。

今日の出来事を話しながら帰りました。

昼間は義父と子供たち(兄妹)で過ごしているのですが、昼食作りなどでお互い不平不満が溜まってきているようで…

息子が愚痴っていました。

帰宅後、義父と息子が習い事で出かけている間、今度は娘が愚痴っていました。

内容は同じようなこと…二人共、真面目で責任感があるからこその愚痴だと思います。

高齢で孫に優しい義父に対する苛立ち、互いの言動に対する腹立だしさなど。

理解できることも多く、私自身どう解決、解消してあげればいいのか悩むところ…。

とりあえず、一対一で話を聞き、相手はどう思ってそういう言動になったのかを、私なりに推測して伝えてみました。

誰かが悪いという問題ではないのだろうと…。

皆が一生懸命なのはわかっていて、思いやりや助け合いが少し足りないだけなのではと。

日中、私が仕事で家に居ないことで、いざこざが起きるのは本当に心苦しいことです。

義父宅に仮住まい中(自宅リノベーションにつき)なので、互いに不自由なことがないわけではない…。

ただ、夏休み中の子供たちにとって、一人暮らしをしている義父にとって、今回の同居はいいこと(だった)と思っています。

あと10日で自宅に戻りますが、皆にとってプラスになっていることを願っています。

今夜は着付けの師匠がプロデュースした振袖プロジェクトのお披露目会がYouTubeでありました。

将来、着物のスタイリングもしたいなぁと思っている自分にとっては憧れの存在です。

とても上品で素敵な振袖を見せていただきました。

自分の目標もしっかり持ちながら、精進したいと改めて思いました。

今日の仕事帰りに撮った一枚!青空が眩しい。

終日勉強会でした!

今日からまた一週間がスタート!

仕事は休みをいただいて、終日着付けの勉強会に参加しました。

成人式振袖着付けに関する内容で、各先生方の講義や実演、実習もあり、頭も身体も使ってヘトヘトになりました。

先生方はもちろん、着付師の方々との相モデルでの着せ付けや、情報共有、意見交換もとても為になり、また、皆でやり切ったという達成感もあり、思いのほか、充実していて楽しかったです。

学生時代の学園祭や部活動のような感覚…。

いつもより帰宅が遅くなるので、当初、途中退室で早めに帰宅する予定でしたが、子供たちが「最後まで受けてきていいよ!」と言ってくれたのでお言葉に甘えて…ほぼ、最後まで受講できました。

会場を出て、電車に乗る時に急いで自宅に電話すると、娘の元気な声!

息子が習い事で出かけるので、娘が一人で留守番することになっていました。

電話を切った直後、今度は息子から電話がかかってきました。

息子は妹(娘)の様子を知らせ、私がちゃんと娘に電話をしたのかを、確かめたかったのだと思います。

子供たちなりに、お互いを心配し、思い合っていることがわかり、とても嬉しく、また、成長を感じました。

最寄り駅からの帰り道…満月がとても綺麗で見ながら帰りました。

いろいろな感謝の気持ちでいっぱいです。

今日の勉強会での帯結び、帯揚げ、帯締め

一区切り。

今日は午後から着付教室のお稽古でした。

何とか無事に今日で上級コースを修了しました。

上級コースに通って2年…着付けを習い初めてから5年になります。

丁度、長男の卒園式や入学式で着物を着る機会があり、自分でも着れるようになりたいと習い始めたのがきっかけです。

また、母は昔、教師をしていて、お正月には自分で着物を着て、卒業式には袴を着ていました。

そんな母を見て育ち、自分も子供の頃から、母に着物や浴衣を着せてもらっていました。

昔から、着物を着ると背筋がしゃんとして、気分があがるのがとても好きでした。

また、実家の二件隣が美容室で、学生の頃からはその美容室のおばさんにお世話になりました。

夏祭りや成人式、卒業式、結納の時も。

また、結婚してからも、子供たちの卒園式や入学式などは出張でヘアセット&着付けをしてもらっていました。

母も着物が好きでしたが、母の姉達が仕事柄、着物をよく着ていて、とても詳しく、母もいくつか誂えてもらったそうです。

自分もその着物を着せてもらうこともあったり、着付けを習い始めてからは、母や伯母の着物を譲ってもらい、母の知り合いの呉服屋さんに仕立て直してもらいました。

決して裕福ではないけれど、着物が着れる環境に居て、着せてくれた母に感謝しています。

幸い私にも娘がいるので、お正月には着物を着たり、夏には浴衣を着たり、一緒に楽しんでいます。

また、着付け(自装、自分で着物を着ること)を習い始めて、次第に娘の成人式には自分で振袖を着せてやりたいと思い、他装(人に着物を着せ付けること)も習い始めました。

今回の上級コース修了でひと通りのことは習得できましたが、着付師や着付講師としてはまだまだ修行中の身。

改めて、着付師になりたい、将来的には自宅で着付教室を開きたいという目的を考えさせられました。

とにかく、焦らずにマイペースで進んでいきたいと思います。

また、次のステップへ!